Re:Zolver
更新日: 2018年4月25日

株式会社DTSインサイト
Re:Zolver(リゾルバー)は、派生開発を支援する「ソフトウェア影響分析ツール」です。既存のソフトウェア資産の内部構造を可視化したり、プログラムの追加・変更を行ったとき、その影響がどこまで及ぶのかを調査・解析することが可能です。派生開発の期間短縮や検証もれの解消、ソフトウェア資産の管理などに有効です。Re:Zolver(リゾルバー)は、オブジェクトコードを直接解析するため、システム内部の細かい情報を設定する必要はなく、ファイルを読み込ませるだけで解析結果を得られます。

製品概要

【主な特長】
■業界初!オブジェクトコード解析によるソフトウェアの影響分析・構造分析
■ツールの設定は不要で、オブジェクトファイルを読み込ませるだけで解析完了
■特定の関数・変数を指定し、自動で影響関係を抽出
 grepによるソフトウェアの影響調査の工数を劇的に改善
■関数・変数コールグラフ、ソースファイル関連図
■変数アクセス(リード/ライトなど)の一括解析
■関数ポインタ関連図 生成
■C++クラス図自動生成、HTMLレポート出力

≪URL≫
https://www.dts-insight.co.jp/sp/rezolver/

≪お問合せ先≫
株式会社DTSインサイト
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル
TEL:03-6756-9405 FAX:03-6756-9409
E-mail:info-advice@dts-insight.co.jp

【対応MCU】
RZ/G1C、RZ/G1E、RZ/G1N、RZ/G1M、RZ/G1H