Ubiquitous DTCP
更新日: 2018年7月19日

Ubiquitous AI Corporation
Ubiquitous DTCPは、DTCPによるコンテンツ保護に対応したネットワーク機器を開発するためのソフトウェア開発キット (SDK) です。
IPネットワーク、MOST、Ethernet AVBといった下位層ネットワークに対応しており、お客様のニーズに合わせてご提供します。

製品概要

Ubiquitous DTCPは、DTCPによるコンテンツ保護に対応したネットワーク機器を開発するためのソフトウェア開発キット (SDK) です。
IPネットワーク、MOST、Ethernet AVBといった下位層ネットワークに対応しており、お客様のニーズに合わせてご提供します。

DTCP (Digital Transmission Content Protection)は、通信伝送路の暗号化技術であり、ビデオやオーディオコンテンツの著作権保護に用いられます。DTCP技術は様々なネットワーク物理層にマッピングされています。現在の市場では、IPネットワークを用いるDTCP-IPや、MOSTを用いるDTCP-MOSTの形で製品化されています。

Ubiquitous DTCPの特長は、コードサイズが非常に小さいことです。(DTCP-IP、最小時50KB)
Ubiquitous DTCP SDKはライブラリとして提供します。お客様の各種プラットフォームへのポーティングも可能です。
Linuxに実装する場合は、非常に短い時間でポーティングを行えますので、素早く提供が可能です。

≪対応仕様≫
- DTCP Specification Volume 1 Revision 1.51
- DTCP Volume 1 Supplement B Mapping DTCP to MOST, Revision 1.2
- DTCP Volume 1 Supplement E Mapping DTCP to IP, Revision 1.3
- SourceおよびSinkデバイスに適用可能
≪ご注意≫
本製品のご購入には、あらかじめお客様とDTLA (Digital Transmission Licensing Administrator) とのライセンス契約が必要となっています。

お問い合わせ
 URL:https://www.ubiquitous-ai.com/products/network/dtcp/
 電話:03-5908-3451
 FAX:03-5908-3452
 メール:sales@ubiquitous-ai.com